【セノーテファンダイビング】

一生に一度は潜ってほしい。

光が造り出す、神秘の世界へ。

『セノーテ』とは、ユカタン半島の地下に広がった水中鍾乳洞とつながる、泉のことです。

どこまでもクリアな水は、透明度がなんと100m。

太陽の光が屈折して洞窟内に差し込むと、まるでカーテンのように光が水中で輝きます。

セノーテは、カンクン周辺にいくつも点在しており、潜ることのできるセノーテは約10か所ほど。

『初心者だけど大丈夫かなぁ。』『洞窟でのダイビング、緊張するなぁ。』 など

ダイビングに不安がある方も、私たちが水中でサポートしますので、お気軽にご相談下さいね。

Memo :

全てのセノーテでの体験ダイビングプログラムは
以下2つの理由から行っておりません。
ライセンスをお持ちでない方は、シュノーケルツアーにご参加ください。

① 洞窟内では、十分な安全を確保することができません。
また閉鎖環境下(天井がある場所)での体験ダイビングプログラムを指導団体PADIが推奨していないため。

② 体験ダイビングで泳ぐことのできる範囲内でのダイビング、もしくはそれに適したセノーテですと
十分に満足いただける水中景色を見ていただくことができないため。

セノーテダイビングの水中写真

★ 旅行の思い出♪ 水中写真をプレゼント ★

ツアー料金 US220ドル

特別プラン料金 キャンペーン中

  • ● ククルカン&チャックモール&タージマハ 3ダイブ
  • ※参加条件:どなたでもご参加いただけます。
  • US320ドルUS270ドル!
  • ● ピット&ドスオホス 3ダイブ
  • ※参加条件:経験30本以上、アドバンスライセンス保持者
  • US300ドル
  • ● ドスオホス 2ダイブ
  • ※参加条件:どなたでもご参加いただけます。
  • US220ドル
  • ● アンヘリータ&カーウォッシュ 2ダイブ
  • ※参加条件:経験100本以上、アドバンスライセンス保持者
  • US300ドル
  • 上記以外のセノーテ(カサセノーテ、エデン、カラベラ etc.)でのダイビングや
    その他の組み合わせについては、リクエストに応じて催行いたします。
  • ツアー代金はお気軽にお問い合わせください。

Memo 1 :

グランセノーテでのダイビングも取り扱っておりますが、ご参加いただくには
各ダイビング指導団体の『カバーンダイバー(スペシャリティ)』ライセンスが必要となります。
カバーンダイバーコースについては、各指導団体にお問い合わせください。

Memo 2 :

セノーテ・チャックモールは7月1日より、全てのダイバーの全ての撮影機器(カメラやGoProなど)の持ち込みが禁止となります。
通常プランでもドスオホスをご案内することがございます。詳しくはお問い合わせください。
すでに7月以降のツアーをご予約されているお客様へは、弊社よりご案内メールをお送りいたします。

含まれるもの

  • 日本人ダイビングインストラクター
  • ※水中もご案内します。ビギナーさんも安心してご参加ください。
  • セノーテ2ダイブ
  • ダイビング器材(ウェットスーツは5mmフルスーツ)
  • 地元メキシコレストランでのランチ(ワンドリンク込み)
  • (3ダイブプランの方はサンドイッチ)
  • ホテルまでの往復送迎

当日必要なもの

  • 水着(ホテルよりご着用ください)
  • ダイビングライセンスカード
  • ログブック(お持ちであれば)
  • タオル
  • 現地ガイドへのチップ(5ドル程度 ※3ダイブの場合は8ドル)
  • ドライバーへのチップ(3ドル程度 ※3ダイブの場合は5ドル)
  • ※ピットのみ、水中カメラを持ち込む場合は別途300ペソ必要になります。

日程

  • 7:15 ~ 7:40
  • .
  • 9:15
  • .
  • 12:30
  • .
  • 13:30
  • .
  • 14:30
  • .
  • 16:15
  • ホテルにお迎え
  • .
  • セノーテ到着、2ダイブ
  • .
  • ダイビング終了、片付け後ランチへ
  • .
  • メキシコ料理屋さんでランチ
  • .
  • 車にてカンクンへ
  • .
  • ホテルまでお送り

※3ダイブプランの場合、お帰りが17時頃になる場合がございます。

ご案内

  • 通常料金(220ドル)プランは、ククルカン/チャックモールの2ダイブになります。
  • (ポイントの希望がある場合、事前にリクエストいただけましたら優先いたします。)
  • セノーテにはトイレがあります。(通常プランのセノーテには更衣室・シャワーがあります。)
  • 水温25℃ですので、インナーやフードなどをお持ちの方はご持参ください。
  • 水中カメラのレンタルもあります♪ 詳しくは ⇒ コチラから

各ポイント(セノーテ)について 【カンクン情報】 をご覧ください。